WiMAXを購入前に。料金、速度制限など比較してみました

92d2fdc983c83fc145dbcb261613e636_s

「モバイルWiFiを買いたいと思っているけど、高速・無制限モバイル通信で人気のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルブランドのポケットWiFiのどちらを選択すべきかなかなか決められない。」とおっしゃる方に役立つように、両者を比較していますのでご参照ください。

WiMAXのサービスが利用できるのか否かは、UQコミュニケーションズがネットに公開している「サービスエリアマップ」を利用すれば判断できるはずです。特定の区域に関しましては、「ピンポイントエリア判定」を行なってみれば判定できます。
いずれのモバイルルーターにも3日で10GBか1ヶ月で7GB(通常プラン)の速度制限設定があります。とは言っても無茶な使い方をしないようにすれば、3日で10GBに達することはほとんどないので、そこまで不便を感じることはないと思います。

具体的にWiMAXとワイモバイルという2つの機種のモバイルWiFiルーターの速度や1ヶ月の料金などを比較してみましたが、上位機種に関する下り最大速度以外のほとんどの項目で、WiMAXの方が優っていると分かりました。
WiMAXのモバイル通信エリアは、しっかりと時間を掛けて広げられてきたわけです。その企業努力があって、現在では街中はもちろんのこと、地下鉄駅などでも繋がらないということがない水準にまで到達しているのです。

WiMAXの購入を検討しているなら…断然WiMAX2プラスのギガ放題プランにすべきでは。

近い将来にWiMAXを購入するというときは、やっぱりWiMAX2+のギガ放題がいいでしょう。通信速度が速いばかりか、WiMAXのモバイル通信エリア内でも使えることになっていますから、通じないということがほぼ皆無です。
モバイルWiFiを使用するのであれば、可能な範囲でコストを抑えたいと考えますよね。料金と言われるものは1カ月毎に支払いますから、たとえ何百円という違いだとしましても、一年間にしたら無視できない差になります。

それほど知られてはいないようですが、「ポケットWiFi」というワードはワイモバイルの登録商標となっています。にも関わらずWiFiルーターの一種だということで、今では普通名詞だと認識されているのではないでしょうか?

WiMAXの後継として登場したWiMAX2+は、今までの3倍という速度でモバイル通信が可能なのです。しかも通信モードをチェンジすることにより、WiMAXとWiMAX2+は言うまでもなく、au 4G LTE回線も使用できるのです。
WiMAX2+も、通信可能エリアが少しずつ拡大されつつあります。言うに及ばずWiMAXの通信エリアであれば、従来と変わらぬモバイル通信が可能ですから、速度を厭わなければ、何も不自由はないと断言できます。

WiMAXとWiMAX2+の違いとは。料金や速度制限など比較してご案内しています。

Y!mobile(Yモバイル)であるとかdocomoの場合は、3日間で1GBという容量を超えてしまうと、しばらく速度制限が行われることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)なら、そういった制限は規定されていません。
評判のWiMAXをゲットしたいという人は少なくないでしょうが、「WiMAXとWiMAX2+では、いったい何がどう違うのかが明らかになっていない」という人の参考になるように、その違いをご案内させていただきます。

LTEに負けず劣らずの高速モバイル通信を行なうことができるWiMAXという通信規格も今の流行りです。ほとんどノートパソコンなどで使われていて、「時間や場所に関係なく高速通信に接続可能!」というのがおすすめポイントだとされています。

WiMAXは現実的に料金が安いと考えていいのか?導入メリットや留意点を抑えて、若者に人気の格安SIM等とも比較した上で、「確実に安いのか?」についてお話させていただきたいと思います。
モバイルWiFiルーターというのは、契約年数と毎月の料金、それに加えて速度を比較して1つに絞るのが大事なポイントです。もう1つ使うことになる状況を想定して、サービスエリアを調査しておくことも必須です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です