WiMAXと他モバイルWiFiを比較検証。その結果は?

faec31889154e5ac464bdc31b3ce86e1_s

「速度制限の有無とその速さ」「月額料金」「サービス可能エリア」「データ許容量」という4要素で比較検証してみたところ、誰がセレクトしても文句のつけようがないモバイルWiFiルーターは、驚くなかれWiMAXだけだったのです。

WiMAXにおいては、いくつかのプロバイダーが敢行しているキャッシュバックキャンペーンに注目が集まっていますが、ご覧のページでは、実際にWiMAXは通信量の制限がなく、使い勝手がいいのかについて解説しております。
WiMAX2+のギガ放題プランを選択すれば、一ヶ月7GBというデータ使用量の上限はありませんが、3日間で10GBを超越しますと、速度制限を受けると考えていてください。

WiMAXモバイルルーターというものは、WiMAXのモバイル通信網を活用して、パソコンだったりタブレットなどのWiFi機能が実装されている端末をネットに接続するための小型の通信機器なのです。
「ポケットWiFi」と申しますのは、「ワイモバイルが販売している全部のWiFiルーターを言う」というのが正解になるのですが、「家の外でもネット環境を齎してくれる端末すべてを指す」のが通例です。

イライラがなくなった!WiMAXを使用するようになって回線速度に大満足です

1か月間のデータ使用量が規定上無制限である「ギガ放題」のみならず、WiMAX2+には「通常プラン」というのも提供されているのです。こちらのプランは、「データ使用量は7GBで制限する」と規定されているのです。
「WiMAXを購入するつもりでいるけど、通信エリア内かどうか不安がある。」と考えている場合は、15日間の無料お試し期間がありますから、その無料サービスを有効に利用して、現実に使用してみるべきでしょう。

「ポケットWiFi」に関しては、ソフトバンク(株)のワイモバイルという通信ブランドが展開しているモバイルルーターのことであり、はっきり申しまして出掛けている時でもネットができるモバイルWiFi全体を指すものではありませんでした。

私の家については、ネットに繋げる際はWiMAXを使用するようにしています。心配していた回線速度に関しても、まるでイライラを感じることのない速さです。
「WiMAXのサービスエリア確認をやってはみたけれど、100パーセント電波が来ているのか?」など、ご自身が日常的にモバイルWiFi端末を利用している所が、WiMAXが使えるエリアかエリアじゃないのかと頭を悩ましているのではないでしょうか?

エリア外でも3G通信ができる。WiMAXなら通信できなくなることがないから安心!

はっきり言って、LTEを利用することが可能なエリアは限定的ですが、エリア外においては機械的に3G通信に切り替わる仕様となっていますので、「繋がらない」というようなことは皆無だと言えます。
モバイルWiFiを低料金にて利用したいと言うなら、端末料金であるとか月額料金は言うまでもなく、初期費用やPointBack等を全部計算し、その合計経費で比較して安い機種を選択しましょう。

オプションということでお金は掛かりますが、WiMAXのエリア圏内に入っていなくても、高速通信で有名なLTE通信が使える機種も売られていますから、現実的にこのWiMAXの機種1台があれば、日本全国でほとんどモバイル通信が可能だと言ってもいいでしょう。

今の段階ではWiMAX2+の通信が可能なエリアとなっていないという人も、今セールスされているWiFiルーターでもって、従前のWiMAXにも接続できることになっていますし、更にオプション料金を払うことにすれば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも繋げられます。
WiMAXモバイルルーターと呼ばれているものは、契約する時に機種を選ぶことができ、殆ど支払いなしで手に入れられると思います。ただし選ぶ機種を間違えると、「想定していたエリアがサービス外だった」ということが結構あるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です