2016年と2017年のWiMAX通信エリアを比較!

8c35175056942d32f192da7733c27705_s

2017年現在のWiMAX通信エリアはどうなっているのでしょうか?2016年と比較して広くなったというけど実際どこまで広がったのか分からない、という方に今回は現状を報告したいと思います。今現在はLTEを使用することができるエリアは限定的だというしかありませんが、エリア外におきましては強制的に3G通信に変更されることになっていますので、「圏外で使用できない!」みたいなことはないと考えていいでしょう。

WiMAXの通信サービス可能エリアは、しっかりと時間を費やして拡大されてきたのです。その企業努力があって、現在では街中はもちろん、地下鉄駅などでも不通だということがないレベルにまで達しているわけです。
モバイルWiFiをお得に使いたいなら、月額料金であったり端末料金のみならず、初期費用やポイントバック等を詳細に計算し、そのトータルした金額で比較して安いと思われる機種を選択しましょう。

「WiMAXをリーズナブル料金で存分に利用したいけど、どのプロバイダーと契約すべきか分からない」という方のために、WiMAXをセールスしているプロバイダーを比較した特設サイトを開設しましたので、ご覧になってみてください。
WiMAXギガ放題プランにつきましては、総じて2年単位の更新契約を基本として、基本料金の割引やキャッシュバックがあるのです。そのあたりのことを認識した上で契約すべきだろうと思います。

WiMAXの実質通信エリアはどうなっているの?人口カバー率って何?

現在の全国政令指定都市における人口カバー率はなんと99%以上となっています!これは100人中99人以上の方が通信エリア対象と言う事なので、ほぼ全ての方にWiMAXを利用することができると言う事になります。
実際の全国人口カバーも1億人突破しているから、今まで圏外だった人も一度ピンポイントエリア判定をしてみるといつの間にか通信エリア内だったと言う事も十分あり得ます。

WiMAXのモバイル通信エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%だとされています。東京都の23区は無論のこと、日本の県庁所在地などにおいては、何の問題もなく通信サービスの提供を受けることができると受け取って頂いて大丈夫です。
従来の通信規格と比較してみても、驚くほど通信速度が速く、それなりの量のデータを一括して送受信できるというのがLTEの良い所だと考えます。現代社会のニーズを満たす通信規格だと言ってもいいと思います。

現在市場提供されているWiMAXモバイルルーターの中でも、W03は圧倒的にバッテリーが長く持ちます。長時間外出しっ放しという際にも、心配することなく利用することができます。
WiMAXモバイルルーターにつきましては、色んな種類がありますが、個々に搭載済みの機能が当然異なります。ご覧のサイトでは、1つ1つのルーターの機能やスペックを比較することができます。

モバイルWiFiの通信エリア・通信速度などを比較をしてわかったこと

「通信可能エリア」・「料金」・「速度制限の有無とその速さ」・「通信容量」という4つの事柄で比較してみたところ、どなたがセレクトしても納得できるモバイルWiFiルーターは、本当に1機種だけというのが本心です。
1か月間のデータ通信が制限されていないWiMAXギガ放題の項目別料金を、各々のプロバイダーで比較して、お得になる順でランキング表にしてみました。月額料金だけで決定すると後悔することになります。

単刀直入に申しまして、最もおすすめできるモバイルWiFiルーターはWiMAX以外あり得ません。この他のどのようなWiFiルーターと比較しても回線スピードは群を抜いているし、その上料金が一番リーズナブルです。
100%に近いプロバイダーが、電子メールを使って「キャッシュバックを振り込む準備ができました。」という様な通知をしてきます。買った日から長く期間が空いてのメールということになりますので、見過ごしがちだそうです。

WiMAXモバイルルーターと言いますのは、携行できるようにということで作られた機器ですので、鞄などに易々しまうことが可能な大きさではありますが、使用するという場合は予め充電しておくことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です