2017年のWiMAX比較ポイントは?

3b8043bd83761ac4b63cc844a553bd4e_s

2017年になって増々通信エリアが広くなり通信速度も速くなったWiMAX2+、ますます需要が増えているモバイルWiFiの中でも注目です。「WiMAXをリーズナブル料金で好きなだけ使いたいのだけれど、どのプロバイダーと契約すべきか分からない」という方のお役に立つようにと、WiMAXを取り扱っているプロバイダーを徹底比較していますので、よければ閲覧してみてください。

月毎のデータ使用量制限が設けられていない「ギガ放題」のみならず、WiMAX2+には「通常プラン」というのもラインナップされています。こちらの「通常プラン」は、「データ使用量は7GBに限定」と規定されています。
NTTドコモであったりYモバイルだったら、3日間で1GBを超過しますと、しばらく速度制限を受けることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)だったら、そうした制限はあり得ません。

まだWiMAX2+の通信エリアには含まれていないというような人も、今現在購入できるWiFiルーターを使用すれば、旧来型のWiMAXにも繋ぐことが可能ですし、加えてオプション料金を支払うことによって、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能となります。
「速度制限の有り・無し」、「データ容量」、「サービスエリア」、「料金」という4つの事項で比較してみると、どなたが選んだとしても満足できるモバイルWiFiルーターは、嘘偽りなく1機種のみだったのです。

機種のデータを比較して分かった!WiMAX2+のモバイルルーターはこれがおすすめ!

WiMAXの最新鋭モデルとして販売開始されたWiMAX2+は、従来型の3倍もの速度でモバイル通信が可能なのです。それにプラスして通信モードをチェンジしたら、WiMAXとWiMAX2+以外に、au 4G LTE回線も使用可能です。
現在販売されているWiMAXモバイルルーターの中においても、W04は段違いにバッテリーの持ち時間に優れています。仕事で外出している時も、不安なく利用することが可能というのは嬉しいです。

ワイモバイルと申しますのは、ドコモなどと一緒で自分のところでモバイルの為の通信回線網を持ち、その回線を使用したサービスをマーケットに提供する移動体通信事業者(Mobile Network Operator)で、SIMカード単体の小売りも行なっているのです。
WiMAXのモバイル通信エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に到達しています。東京23区は言うまでもなく、日本それぞれの県庁所在地などにおいては、ほぼ100%通信サービスの提供を受けることができると信じていただいていいでしょう。

docomoやワイモバイルにおいて存在する「3日間で1GBまで」という制限ですが、1GBという容量はパソコンで映像を視聴すると、概ね2時間で達することになり、あっという間に速度制限が掛かってしまいます。

WiMAXの速度制限「3日間で10GB」に緩和された!増々使いやすくなったWiMAX2+

「WiMAXを購入したいと考えているけど、サービスエリア内かを確認したい。」と考えている人は、「15日間無料お試し」がありますから、その無料サービスを進んで利用して、毎日の生活で使用してみて判断したらいいでしょう。

WiMAXと申しますと、いつの時代もキャッシュバックキャンペーンが人気を博しますが、最近の傾向として月額料金がリーズナブルになるキャンペーンも人気抜群です。
モバイルWiFiの毎月毎月の料金は大概5000円以内となっていますが、プロバイダーの中にはキャッシュバックをしているところがあります。この戻される金額を支払った金額からマイナスしたら、実際に手出しをした費用が判明するというわけです。

ワイモバイルも利用エリアは拡大してきており、離島や山あいを除外した地区ならだいたい使用できると言ってもいいでしょう。インターネットに4G回線を利用して接続不可能な時は、3G回線を使って接続することが可能になっていますので、ほとんど不都合を感じることはないでしょう。
モバイルルーターと名がつくなら全て3日で10GBか1ヶ月で7GBの速度制限設定があります。ただ無茶な利用さえしなければ、3日間で10GBに到達することはほとんどありませんから、そんなに不便を感じることはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です