WiMAXのエリア事情。どこでも使える!?

84cda44087137601f7e43e3f5ee2b762_s

1か月間のデータ通信の制限が規定されていないWiMAXギガ放題の項目別料金を、プロバイダー毎に比較して、低料金順にランキング一覧にしてみました。月額料金だけで絞り込むと失敗することになります。

モバイルルーターの販売戦略上、キャッシュバックキャンペーンを開催中のプロバイダーも幾つか存在します。キャッシュバック分を加味した料金を比較して、リーズナブル順にランキングにして掲載しております。
自分のところで通信回線を有していないプロバイダーは、本元であるUQWiMAXから通信回線の設備等をレンタルさせてもらうためのコストしかかからないので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金は抑えられていると言えるでしょう。

モバイルルーターのことをネットで検索していると、非常に目立つのがWiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。いろいろと見ていくと、40000円に迫るくらいの高額なキャッシュバックを敢行しているところもあります。
WiMAXというのは、モバイルWiFiルーターという端末の一種であり、部屋にいる時でも外出している先でもネットが利用でき、しかも毎月毎月の通信量も制限なしとなっている、今一番人気のWiFiルーターだと言えます。

WiMAXのエリア状況は?WiMAXがあればどこでも利用できる!?

一昔前の通信規格と比較しても、断然通信速度がUPしており、大量のデータを一括して送受信できるというのがLTEの長所だと思います。今日の社会に最適の通信規格だと感じます。

オプション扱いにはなりますが、WiMAXのサービスエリア外の時は、高速で人気のLTE通信が使用可能な機種もラインナップされているので、現実的にこのWiMAXの機種さえ持っていれば、国内なら概ねモバイル通信ができると思われます。
通信サービス可能エリアを拡大することや通信を安定化させることなど、克服すべき課題は何だかんだと残っておりますが、LTEは満足できるモバイル通信実現を目指して、「長期の変革」を継続中といったところです。

速度制限を設けていないのはWiMAXのみという印象をお持ちかと思いますが、ワイモバイルにも通信方式の切り替えにより、速度制限が行われることなく使用できる「アドバンスモード」と称されるプランがあるのです。
モバイルWiFiルーターを買うという時に、何と言っても気を引き締めて比較すべきだと指摘されるのがプロバイダーです。プロバイダー次第で、取り扱っているWiFiルーターであるとか料金がかなり異なってくるからなのです。

WiMAXはエリアに困ることはない!?LTEが使えなくても3Gにすぐ切り替わります。

スマホで繋げているLTE回線と形の上で違っているのは、スマホは端末自体が直接に電波を受信するのに対し、WiMAX2+の方はモバイルWiFiルーターを使用することで電波を受信するというところです。
はっきり言って、LTEが使えるエリアは限定的ではありますが、エリア外に行くと必然的に3G通信に変更される仕様なので、「圏外で使えない!」などということはないと言い切れます。

自分の会社では回線を持っていないプロバイダーは、大元と言えるUQWiMAXから回線設備等をレンタルするときに必要なコスト以外かからないので、UQWiMAXと比較しようとも、その料金はリーズナブルであることが大半です。

WiMAXギガ放題プランは、ほとんどの場合2年という縛りの更新契約を基本として、基本料金の引き下げやキャッシュバックが供されるのです。その辺を認識した上で契約してください。
今もWiMAXを利用しているわけですが、再度モバイルWiFiルーターを比較し、「実際的にいい機種はどれになるのか?」を明らかにしてみたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です