データ通信量フリーのWiMAXをお探しの方へアドバイス

advice

月々のデータ通信量がフリーとなっているWiMAX「ギガ放題」の各種料金を、プロバイダー個々に比較して、有益な順にランキング一覧にしてみました。月額料金だけで判断するのは早計だとお伝えしておきます。

「モバイルWiFiを購入しようと考えているけど、無制限&高速モバイル通信として注目されているWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルが提供するポケットWiFiのどっちにした方がいいのかなかなか決断できない。」とおっしゃる方に役立つように、双方を比較して一覧にしました。

ワイモバイルが販売しているポケットWiFiは、一定水準のパケット通信量を越えてしまいますと速度制限がなされます。この速度制限が掛けられる通信量は、利用する端末毎に違います。私がおすすめするプロバイダーは、キャッシュバックを40000円に迫る金額にしているので、モバイルWiFi自体の月額料金が他と比べて高く設定されていても、「総計してみると得することになる」ということが考えられるのです。
「速度制限」・「データ容量」・「サービス可能エリア」・「月間料金」という4つの要素で比較してみたところ、誰がセレクトしても納得するモバイルWiFiルーターは、嘘偽りなく1機種のみだったのです。

月額料金だけでWiMAX2+を選ぶと損をすることになる?

モバイルWiFiをどれにするかを月々の料金だけで決断すると、失敗することが考えられますので、その料金に目を付けながら、それ以外にも知っておくべき事柄について、事細かに解説させていただきます。

WiMAX2+を売っているプロバイダーの月毎の料金(2年契約完了日迄のキャッシュバックキャンペーンも考慮した全支払い額)を比較した結果を、安い順にランキング形式にてご紹介しております。我が家であるとか外でWiFiを利用したいのなら、モバイルWiFiルーターが必要かつ重宝するでしょう。その人気機種であるWiMAXとワイモバイルを入念に比較してみましたので、是非とも目を通してみてください。

LTEと呼ばれているものは、今ある3Gを「長期的に進化させたもの」という意味合いの通信規格で、今後登場してくるはずの4Gへの移行をスムーズに推し進める為のものです。そんな意味から、「3.9G」と称されています。当サイトでは、ご自分にマッチしたモバイルルーターを選んでもらえるように、各々のプロバイダーの速度とか月額料金などを比較検証して、ランキング形式にて掲載しております。

通信エリアは大丈夫?心配な方にオススメのサービスをご紹介

WiMAXのサービスが利用できるのか否かは、UQコミュニケーションズがネットに掲載している「サービスエリアマップ」を確かめたら判断できると思います。判断しづらい場所に関しては、「ピンポイントエリア判定」を利用すればわかるはずです。

「WiMAX2+を購入するつもりでいるけど、サービスエリア内かどうか不安がある。」とお考えの方は、15日間の無料トライアルサービスがあるので、その無料サービスを有効に利用して、常日頃の生活圏内で使ってみて判断したらいいでしょう。外であるとか我が家でWiFiを使いたいのなら、モバイルWiFiルーターが必要になります。クチコミ評価も高いワイモバイルとWiMAXを念入りに比較しましたので、よろしければ閲覧してみてください。

高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ハイスピードモード)につきましては、速度制限が為されたとしても下り速度が1~6Mbpsは確保されますので、YouToubeの動画程度は視聴することができる速度で利用可能だと断言できます。モバイルWiFiを持ちたいと思っているなら、一ヶ月の料金やキャッシュバックキャンペーンなどについても、きっちりと理解した状態で選択しないと、その先間違いなく後悔すると断言します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です