外出先でWifiを使う。

af9970019298w

今やなくてはならない存在のWi-Fi(ワイファイ) Wi-FiがあればPCでネット、スマホでネットはもちろんオンラインゲームやファイルのダウンロード、アップロードなど自由に出来ます。

名前
「Wi-Fi」は無線化してワイヤレスでインターネットを利用するための技術の事です。

外出先でネットに接続したい、動画が見たい・・・そんなことはよくある。
スマホならすぐにネットは見えるが、帯域制限の問題も速度制限とも呼ばれていますが、ドコモやソフトバンク、auなどキャリアでは月に7GBを越える通信を行うと、一気にスピードが低下。
月に7GBとは一日あたり240MB程度です。
ちなみに

動画を見るのはもちろん困難。サイトのトップページを見るだけでも読み込みに時間がかかります。
結果的に追加で2GB購入、3GB購入などをしている人も多いハズ。

できるだけそういったことを気にせず繋げたい・・・
外出先でネットにつなげるにはWiFi を上手に使うといいですよね

外出先でWi-Fiを利用する方法は主に3つ


1. スマホの「テザリング」機能を利用する
2. 公衆無線LANサービスを利用する
3. モバイルWi-Fiルーターを用意する

スマホのデザリング機能を利用する

iPhoneなどの登場でデザリングを行う人も増えてきました。

デザリングとは外出先でもスマートフォンをアクセスポイント(親機)として、パソコンやゲーム機器などさまざまな外部機器(子機)をネットにつないで楽しめる方法です。

デザリングは便利ですが、「限られたデータ量をスマホとPCで分け合っている状態」です。
そのため結果的に速度制限・・・・という問題が。
またバッテリーの消耗が激しいのも事実。
iPhone6Sでデザリングしても、バッテリーはフルで1時間も持ちません。

そういう意味で「デザリング」は最後の手段。
もしくは最大30分くらいまでの作業、仕事だけに使うべきです。

公衆無線LANサービスを利用する

スタバなどのカフェやファミリーレストラン、各種チェーン店などには「何かしらのWiFI」が設置されています。
最近は観光客向けのWiFiサービスも。
中には1日数百円で使えるものもありますが、利用するならやはり無料がオススメ。

良い点:利用料金が安い・安定していて速度も速い
悪い点:接続場所が限定されてる

モバイルWi-Fiルーターを使う

モバイルWi-Fiルーターとは、その名の通り”携帯できる”Wi-Fiルーターのこと。
LTEやWiMAXなどの通信回線を通じてインターネット接続が可能。
高速通信ですので、動画視聴やゲームなども問題なく行えますす。

WiMAXは何と言っても月額が安く、データ制限なしで使えるプランがあること。
また提携しているwifiスポットなら無料で回線が使えます。
WiMAXを扱っているプロバイダは多くあり、各プロバイダによってWiMAXの回線以外の回線も使えるので、外出先で無料Wifiを使いたいなら会社毎の使える WiFiサービスを確認しておきましょう。

価格:月額3,600円〜5,505円程度
良い点:
ノートPC以外にスマホやタブレットでも使える
データを気にせずネットに繋げられる
悪い点:持ち運びしないといけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です