地下鉄の駅でも使えるWIMAX

9c7c792870e00b03d0b4ca4756e99a15_s

WiMAXの通信エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に達しています。東京の23区は当たり前として、日本の県庁所在地などでは、何の問題もなくサービスが享受可能だと受け止めて頂いて構わないと断言できます。
ワイモバイルというのは、ドコモなどのように自分の会社でモバイルの為の回線を有し、独自の戦略でサービスを市場展開するMNO(移動体通信事業者)で、SIMカード単体でのセールスも実施しております。
WiMAXの通信可能エリアは、かなりの時間を費やして広げられてきたわけです。その甲斐あって、現在では市中のみならず、地下鉄の駅なども不通だということがない水準にまでになったというわけです。
ポケットWiFiという名はソフトバンクの商標ではあるのですが、大体「3Gだったり4G回線を介してモバイル通信をやる」際に欠かすことができないポケットにも入るようなWiFiルーターのことだと解されています。
モバイルWiFiルーターに関しては、契約年数と1か月間の料金、尚且つ速さを比較して選択するのがポイントになります。これ以外には使うであろう状況を見込んで、サービスエリアを明らかにしておくことも必須です。

モバイルWiFiをお得に使いたいならトータルした金額で比較する

プロバイダー各々が提案しているモバイルルーターの1ヶ月の料金やキャンペーンを比較して、ランキング順に掲載しました。新たにルーターを購入するつもりの人は、是非閲覧していただきたいです。
ワイモバイルもその通信可能エリアは拡大化しており、山あいだったり離島以外であるなら相当な確率で使えるはずです。ネットに4G回線を通じて接続することが不可能な場合は、3G回線を使用して接続できるので、何の心配もありません。
モバイルWiFiをお得に使いたいなら、端末料金であるとか月額料金の他、初期費用とかポイントバックなどを残らず計算し、そのトータルした金額で比較して安価な機種を購入するようにしてください。
WiMAXのモバイル通信エリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に達しているのです。東京都の23区は無論のこと、日本の県庁所在地などにおきましては、ほぼ完ぺきにサービスを享受することができると受け止めて頂いてOKです。
「ポケットWiFi」というのは、「ワイモバイルが市場提供している全てのWiFiルーターを言っている」というのが正しい見解なのですが、「どこにいてもネット環境を与えてくれる端末すべてを指す」のが普通です。

ルーター個々の機能、仕様を比較一覧

YモバイルもしくはDoCoMoにおいて決められている「3日間で1GBまで」という制限ですが、1GBという容量はパソコンで映像を鑑賞すると、おおよそ2時間で達してしまうことになり、あっという間に速度制限が実施されてしまいます。
目下販売されている各種モバイルルーターの中で、中立的な立場に立っておすすめしたいのはハッキリ言ってどの機種なのかを、あまり通信関連は得意な方じゃないという方にもわかるように、ランキング形式でご紹介しようと思います。
WiMAXモバイルルーターは、いくつか種類があるわけですが、それぞれの種類毎に搭載されている機能が違っています。このホームページでは、ルーター個々の機能とか仕様を比較一覧にしていますので、ご覧ください。
モバイルWiFiの月額料金を格段に安く設定している会社と言いますのは、「初期費用が高い」です。だから、初期費用も考慮に入れて1つに絞ることが肝要になってきます。
WiMAXモバイルルーターと呼ばれているものは、機種個々に4x4MIMO方式又はCA方式のどっちかの通信技術が盛り込まれていると聞かされました。感度が異なってきますから、そこを心に留めて、どの機種を選択するのか決定するといいでしょう。

WiMAXは地下鉄や走行中の車内でも対応していてとても便利

WiMAXは地下鉄では繋がらないと思っていませんか?
そんなことありません!それは過去のお話です。
会社への通勤中や移動中にも地下鉄でWiMAXは使えるようになったんです!
今、地下鉄でWiMAXが使えるところが全国に広がってきています。もはやWiMAXが地下鉄では使えないという弱点が消えてきています。

ではWiMAXは地下鉄でも大丈夫のなは分かりましたが、走行中の車内ではどうなのでしょうか?モバイルWiFiでは、走行中に使えなくなることがあるそうですが、WiMAXはなんの問題もありません。地下鉄の電車が走行中でもWiMAX実行速度で下り約15Mbps上り約2Mbpsは出ます。地下鉄でも動画を楽しめちゃいます。

地下鉄でWiMAXが使えるようになったのはなぜ?

WiMAXが地下鉄で使えるようになった理由、それはホームに設置してあるWiMAXアンテナのおかげなんです。
実は地下鉄に対応している各駅ホームには、WiMAXのアンテナが設置されています。
そのアンテナはホーム側ではなく線路に向かって設置してあります。
駅と駅から線路を挟み込むように電波を送っているので、走行中の電車の中でもネットが受信できるという仕組みになっています。

地下鉄でWiMAXやWiMAX2+は使えなくなったら・・・

地下鉄や駅に行くとWiMAXやWiMAX2+に限らず、モバイル通信の電波が届かなくなったり、電話ができなくなったりした経験は誰にでもあるとも思います。そんな時にLTEに切り替えると接続できた!という声も聞いたりします。

WiMAXやWiMAX2+の電波が届く場所に来たらLTE切り替えるといった方法です。

地下鉄でWiMAXやWiMAX2+が使える駅一覧

北海道・東北

・札幌市営地下鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・仙台市地下鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】

関東

・小田急電鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・京王電鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・京成電鉄【WiMAX2+拡大中・WiMAX完了】
・京浜急行電鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・埼玉高速鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・相模鉄道【WiMAX完了】
・新京成電鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・西武鉄道【WiMAX2+拡大中】
・つくばエクスプレス【WiMAX2+完了】
・東急電鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・東京メトロ【WiMAX2+拡大中・WiMAX完了】
・東京モノレール【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・東京臨海高速鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・東武鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・東葉高速鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・都営地下鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・北総鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・横浜市営地下鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・横浜高速鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】

中部

・名古屋市営地下鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・名古屋鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】

関西

・大阪市営地下鉄
・北大阪急行【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・京都市営地下鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・神戸市営地下鉄【WiMAX2+完了】
・京阪電気鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・近畿日本鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・山陽電気鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・泉北高速鉄道【WiMAX2+完了・WiMAX完了】
・阪神電車【WiMAX2+完了・WiMAX完了】

九州

・福岡市地下鉄【WiMAX2+完了・WiMAX完了】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です