「格安sim」「ワイモバイル」「WiMAX」

fefab77a898508cfeafdf4b17e56a4c0_s

「ポケットWiFi」と呼ばれるものは、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが販売しているモバイルWiFi端末のことであって、本来的な事を言うと外にいてもネットができるモバイル用端末の全部を指すものじゃありません。
「格安sim」「ワイモバイル」「WiMAX」全てをターゲットに、それらのメリットとデメリットを熟知した上で、利用状況に合ったモバイルルーターをランキング一覧でご紹介させていただきます。
WiMAX2+と言いますのは、2013年に始まった回線サービスなのです。WiMAXと比較してみても、通信速度などが向上し、それぞれのプロバイダーが斬新なWiMAXとして、キャッシュバックを前面に打ち出して販売しているという状況なのです。
高速モバイル通信として注目を集めるWiMAX2+(ハイスピードモード)につきましては、速度制限に引っ掛かっても下り速度が1~6Mbpsは保持されますので、YouToubeの動画くらいは満喫できる速度で利用可能だとお伝えしておきます。
正直申し上げて、LTEを使用することができるエリアは限定的ですが、エリア外で通信する際は否応なく3G通信に切り替わる仕様となっていますので、「接続することが不可能だ」といったことはないと思ってもらって構いません。

プロバイダーは必ず比較する

「WiMAXを最低料金で心置きなく使ってみたいと思っているけど、どのプロバイダーと契約した方が良いのか迷っている」という方のお役に立つようにと、WiMAXを取り扱っているプロバイダーを比較したスペシャルサイトをアップしましたので、一度ご覧いただければ幸いです。
まだWiMAX2+のサービスエリアとはなっていないという方も、現時点で販売展開されているWiFiルーターでもって、これまでのWiMAXにも接続できることになっていますし、加えてオプション料金を払うことにより、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能です。
WIMAXの「ギガ放題プラン」を申し込めば、月々のデータ通信量に上限は設けられておりませんし、キャッシュバックキャンペーンを適宜利用すれば、月額料金も3000円台か4000円台に抑制できるので、とても良いプランだと考えています。
「速度制限が敢行される理由は何なのか?」と言うと、モバイル用に提供された通信回線に一時に集中的な接続がありますと、そのエリアでパソコンなどを使用している人全員が、なかなか接続できなくなったり速度が不安定になってしまうからです。
モバイルWiFiルーターを選択する場合に、特に手を抜かずに比較してもらいたいのがプロバイダーです。プロバイダーそれぞれに、利用できるWiFiルーターだったり料金がかなり変わるからなのです。

ワイモバイルとWiMAXを比較

本当にWiMAXとワイモバイルという2つのモバイルWiFiルーターの速度や1か月間の料金などを比較してみましたが、上位機種限定の下り最大速度以外のほぼすべての項目で、WiMAXの方が優れていました。
WiMAXにつきましては、大元と言えるUQは言うまでもなく、MVNOと呼ばれている業者がセールスしています。はっきり言って速度であったりサービス提供エリアが変わってくるということはないと言明しますが、料金やサービスは違います。
ワイモバイルが提供しているポケットWiFiは、一定水準のパケット通信量を越えると速度制限がなされます。因みに速度制限を受ける通信量は、使用端末毎に決められています。
ワイモバイルがマーケットに提供しているポケットWiFiは、所定の通信量を超過してしまうと、速度制限を受けることになります。因みに速度制限が実施されることになる通信量は、利用端末毎に違っています。
自分なりにワイモバイルとWiMAXという2機種のモバイルWiFiルーターの速度や毎月毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種に関しての下り最大速度を除外した概ねの項目で、WiMAXの方が優れていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です