モバイルWiFiの中でもWiMAX2+がオススメな理由

d7776d72be6496679bf2fcec56d5acaa_m

「モバイルWiFiの内、高速モバイル通信で有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのどっちにした方がいいのか決めることができない。」という人の役に立つように、双方を比較して一覧にしてみました。

「WiMAXを買うつもりでいるけど、サービスエリア内かどうか微妙だ。」と思っている場合は、「15日間の無料お試し」があるので、その無料サービスを進んで利用して、毎日の生活で使用してみてはいかがでしょうか?
ワイモバイルのポケットWiFiを知人より一押しされて、初めて使用してみたけれど、これまで愛用していた概ね同様のサービスを提供している同業他社のモノと比較しましても、通信クオリティーなどの面は負けず劣らずだと思われました。

WiMAX2+の販売促進キャンペーンとして、高額のキャッシュバックを標榜しているプロバイダーが幾つか見られますが、キャッシュバックキャンペーンは敢えてやっていないプロバイダーも存在していますので、注意するようにしましょう。
WiMAXのサービスエリアは、全国主要都市人口カバー率が99%に達しています。東京の23区は当たり前として、日本全国の県庁所在地などにおきましては、何の支障もなくサービスを受けられると思って大丈夫でしょう。

WiMAX2プラスの契約方法によって通信速度と通信エリアが違う

自分の家に関しては、ネットに繋げたいときはWiMAXを使用しています。心配していた回線速度についても、全然と言えるくらいストレスを感じる必要のない速さです。
ポケットWiFiについては、月に使える通信量や電波の種類が異なっていますので、利用目的によって各々にマッチするモバイルWiFiルーターも異なると考えていいでしょう。

モバイルWiFiを所有するなら、できるだけ支払いを抑えたいと思うことでしょう。料金というのは一ヶ月ごとに徴収されることになりますので、仮に300円~400円位の差だとしても、年間で計算しますと随分変わってきます。
今のところWiMAX2+の通信可能エリアには含まれていないとおっしゃる人も、現状提供されているWiFiルーターにて、それまでのWiMAXにも接続可能となっていますし、加えてオプション料金を払いさえすれば、高速ワイドエリアの「au 4G LTE」にも接続可能です。

docomoやY!mobile(Yモバイル)でしたら、3日間で1GBをオーバーすると、規定の期間速度制限が行われますが、WiMAX(ノーリミットモード)でしたら、そのような制限はみられません。

「3日で3GB」の速度制限を気にしてはダメ WiMAX2+をストレスなく使う方法

動画を楽しむなど、容量が大きいと言えるコンテンツばかりを利用するという方は、WiMAX2+の方が合うでしょう。プロバイダーが各々提案しているプランがあるので、これらのプランを比較しならご紹介させていただきます。

ポケットWiFiという呼称はソフトバンク株式会社の商標になるわけですが、ほとんどの場合「3G回線または4G回線を用いてモバイル通信をする」ときに必要なポケットにも入るくらいのWiFiルーターのことを指すと言えるでしょう。
モバイルWiFiを購入するつもりなら、1ヶ月の料金やキャッシュバックキャンペーンに関しましても、抜かりなく認識している状態で確定しないと、あとで100パーセント後悔する羽目になります。

すべてのモバイルルーターに3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限規定が設けられています。とは言っても常識外の使い方を自重すれば、3日間で3GB分使うことは大概ないので、そんなに危惧しなくても大丈夫だと思います。
自分の家では、ネットに接続する際はWiMAXを使っています。気になっていた回線速度に関しても、まるでストレスを感じる必要のない速度が出ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です